離婚率のピーク結婚後5年を乗り越えるコツ

魔の5年目の離婚。統計でも出ている恐怖の離婚率5年目を愛し合いながら乗り越えられるというコツ、知りたいと思いませんか?infoseekよりまとめてみました。

 

離婚率を下げる3つのヒント

離婚率を下げる3つのヒント

例え厚生労働省の統計で5年未満の離婚率がもっとも高いといってもおびえる必要はありません。結婚をして始めの5年。この魔の五年を夫婦で熱々ラブラブで乗り越えるのはコツがあるだけなのですから。

1.夫婦のコミュニケーションで夢を語る

結婚すると仕事に励まなければと夫は焦りながらも仕事に精進したり、妻は家事に仕事に子育てに忙しいながら新居を考えたりとあっという間に時間が過ぎやすいともいえるでしょう。 しかし忘れてはいけないのは、夫婦揃ってほんの数分でも良いのでしっかりとコミュニケーションをとるということ。

おすすめではない会話例:

  • 夫:今日は疲れたよ
  • 妻:そう。ご飯作ったから食べて。

これでは会話は成立しませんし、冷たい夫婦になる一方です。では以下のような夫婦のコミュニケーションはいかがでしょうか?

  • 夫:今日は疲れたよ。
  • 妻:そうだったの、大変だったね。どんなことがあったの?ご飯温めるから一緒にお話しましょう?

奥さんも疲れているかもしれませんが、ほんの少し踏ん張ってこういった夫婦の貴重な時間を大切にしていくことで浮気や不倫防止にも繋がるのです。
知っていましたか?




2.夫を喜ばせてあげる

お笑いだけでガハガハ!笑うというのは大変かもしれません。しかし夫が妻に求めること。何だと思いますか?

「妻の笑顔」
これは非常に大切な夫の特効薬なのです。
結婚前付き合っている頃の彼女の笑顔が大好きだとか、疲れを癒す楽しませてあげる癒しの時間一緒にいて幸せになれる時間や環境はこれからも大切にしていきましょう。

3.マンネリ化回避

やはり一緒にいると、落ち着く場所を環境を求めますが、時にスリルを味わいたかったり、新しいことに挑戦したりという夫婦で一緒に楽しむ時間を大切にすることです。
マンネリは楽なのですが、男としては常に新鮮さを求めることがあります。
浮気のきっかけは、マンネリ化した妻との関係だったり、ということは少なくありません。

いつもと違う環境で夫婦の愛を

離婚率のピーク結婚後5年を乗り越えるコツ

たまにはホテルに出かけたり、雰囲気を変えてみたり、話し方を夫婦の時間だけ変えてみたり、二人だけのドキドキ感は忘れないようにいることをぜひ話し合うのもいいでしょう。
離婚率5年目の大事な時期を最低限乗り切って、不倫も浮気も縁のないラブラブ夫婦を築きませんか?

【関連情報】