浮気証拠収集前に話し合いは必要?

浮気をした旦那や浮気相手を簡単に許すわけがない。どれだけの苦痛を味わってきたのか法的に安全に分からせる方法を賢く調べていく必要があります。無理に慌てて失敗して何もなくなった。空っぽになった自分になっては情けない!自己防衛からステップを踏んで勝ちましょう。

浮気証拠収集前に「話し合い」は必要?

浮気証拠収集前

これって相手の状況にもなりますが、急に内容証明を送りつけるのも難しいところ。なぜかって急に知らない人(まぁ奥さんだと分かるとは思いますが)から内容証明が送られてくる、つまり精神的な苦痛だなんだとあちらもずる賢い頭脳を働かせて戦ってくる可能性があるのです。 (経験者は語る (苦笑))

というわけで、まずは冷静に話し合いでどうしていくかを進めていく方法もおすすめです。しかしその前に電話で話をするならば録音ができるように事前に準備をしておきましょう。急に逆切れされたり、暴力的な発言をしてきたり、予期せぬ証拠が出てくる可能性もあります。深呼吸をして事前に準備をしておくと安心です。

話し合いだけで慰謝料は取れるのか

浮気証拠収集前に話し合いは必要?

よく考えてください。人は簡単にお金を払ってはきません。法廷でさえ被告人は一千も払おうとはしませんでしたから・・・。(経験上) つまりいかにこれだけの悪いこと、苦痛を与えてきたのよ!あんたは。

という証拠を具体的に仕入れられればられるほど、自分にプラスになります。いくら法廷に立って発言したとしても証拠はなければ、立場は弱くなってしまうだけなのです。

地道な作業ですが、じっくり書類を集めただけ有利なケースは多いです。 だから慰謝料請求額と釣り合う証拠書類やデータを集める必要があるのです。 (こんなに苦しい思いをしてるんだぞ!とアピールしても世間はそんなに甘くはないのが正直なところ。)

【必須】浮気証拠収集に録音は大事

録音機は色々ありますが、私はスタイリッシュで録音とバレにくいものを選びます。加えて、浮気云々のデータ取りが終わったら、自分で学習用の録音としても使えるもので正直持ち歩いていてもおじさんっぽくなくていいですよね。

電話や携帯電話の録音も忘れずに

興奮のあまり浮気相手や旦那の浮気情報を録音し忘れた。ということがあります。あなたにはそんな失敗をしてほしくはありませんので、ご注意を。

慰謝料請求に悲劇のヒロインは通用しない

いくらドラマチックに悲劇のヒロインを装っても裁判官の心にヒットする情報を提供できるか。ですよね。

慰謝料額も要求金額より、低く返答してくることは覚悟で浮気相手や浮気している旦那と戦う覚悟は必要です。 そこまで腹を括って証拠を集めているなら、きっとできるはず。

でも話し合いだけでは終わらないケースの方が多いと思いますので、無料相談で浮気調査依頼を専門家に聞いてみるのもおすすめです。 自分で知らない情報やヒントも出てくることがあります。

情報収集においての注意点

浮気の理由は何?

日本の法律も変わってきていますので、こういった浮気調査に関することはプロに相談することをおすすめします。また海外の場合は例えばアメリカなどでは州により無許可で音声録音をしたら違法である場合もあります。事前に確認をしていきましょう。

(参考:まず無料メール相談からできて安心)
調査実績39年 原一探偵事務所